FC2ブログ
tsunotsukiの珍妙かつ物欲な日常を、モブログを通して少しでも残そう!という壮大なプロジェクトです。
Profile

tsunotsuki

Author:tsunotsuki
管理人:tsunotsuki@tokyoです。
名前の由来:うさぎっぷりが、角付大福そっくり、と勝手に命名されていまやニックネームに。。。

このブログについて:
あくせく生きる毎日の中の、ふとした「おや?」を書きつづっています。
兎と猫とスタバをこよなく愛する、tsunotsukiのブログです。

※Firefoxでは若干、表示が崩れます。

Recent Bloggings
Categories
Monthly Archive
Search within this BLOG

Be my new mom/dad!

Objective of my 【楽天な物欲】

tsunotsukiのうさぎコレクション新入部員  

Links
Comments
Trackbacks
Footprints

無料カウンター中古バイク

Blogged since

Sep,20,2005

20080912195325

 ※ホテルの部屋から浜名湖を望む。宅配専用の乳飲料の自販を発見し、ご満悦のひだっち。
 
 
【「大人の社会科見学」5th見学先:トヨタ会館(トヨタ自動車の組立工場を見学)】
 ツアー2日目。

20080912195323

※場内は撮影禁止につき、画像なし。

 割り振られた見学予約時間により、ホテルを7:50発となる。
 「5分前精神」(=高校生の頃たたき込まれた)で7:44には着席したが、それでもブービーだった。
 前後がのんびり目に席に着いていたので、昨日のうなぎパイほどは目立たなかったが内心冷や汗。

 他の参加者はもはやツアー慣れ(集合慣れ)しているのだろうか。
 
 
 さて、最初の訪問先はトヨタの組立工場。

 車に興味が全くないtsunotsuki、自力では決して来なかったであろう工場見学のひとつ。
 正確には鉄や金属で出来た物は全て同じに見える、という感性のなさ。

 以前、仕事で路面電車の特集を担当したとき、泣きそうになった。 あ、でもコンビナートなら四日市なら見分けられる!(たぶん。『工場萌え』を立ち読みして思った)


 トヨタの工場は12工場の全てが愛知県内にある!ことからまず知ることに。

 そのうち、組立を主として扱う、元町(もとまち)工場@豊田市へ。
 本社から5キロ圏内にありながら、東京ドーム35倍の敷地を有する同工場。
 ※ナゴヤドームかも。

 また、同工場だけで1日に590台、月間で1万3,000台を製造、4,700人が勤務するうち1,500人が組立部門に従事している。
 期間工はグレー、正社員は紺の帽子。ライン長は紺地に黄色ラインで見分けるとのこと。

 作業服は全員に貸与しているものの、着用義務はなく、動きやすい服装でよい。
 ただし、ボディを傷つけかねないアクセサリー・腕時計等は着用禁止。
 

 見学方法は、塗装の次の工程である、組立(中にシート付けたり、エンジン載せたり)の生産ラインの上を通した見学用ルートをぞろぞろ歩く。
 時折、説明ポイントで案内嬢が説明スライドを写し、どのように時短やポカミス防止が可能か、ていねいに説明してくれる。

 おもしろい、おもしろい!
 鎌田慧『自動車絶望工場』しか読んだことなくて、実際&最近の現場を知らなかったので、リアル「トヨタ方式」、実に勉強になった。
 
  
 「人と設備の調和」は合い言葉として、効率性を謳う横断幕として工場内にも貼ってある。
 効率性を追求したくなる職場づくり(=人づくり)とはどういうものか、学んだ気がした。


 工場自前の化学消防車が玄関前に3台。いずれも日野自動車=トヨタ系。
 小回りのきく救急車はちゃんと8人乗りトヨタ車。

 「指示ビラ」など、まさに百聞は一見にしかず!の工場見学。オススメ。
   
 これには参加者のおじさん方も興味津々らしく、初めて、見学の列が縦に長く延び、まとまりが弱まった。
 このあとのアサヒビールでも、他でここまで列が崩れることはなかった!
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重) - ジャンル:地域情報

20080912195329


20080912171720

【「大人の社会科見学」3rd見学先:うなぎパイファクトリー(製造工程見学)】

 もう、このために今回のツアーに参加したと行っても過言ではない。 
 うなぎパイファクトリー(春華堂)


 以前の静岡出張で手に入れた、うなぎパイファクトリーのパンフレットに輝いていた、「見学」の二文字。
 数年前から大事に手元にとってあったが、現地(工業団地の一角)が車でのアクセスとなるため、なかなか行けず。

 余談になるが、春の旅行で三島駅KIOSKで見つけ即買いした、うなぎパイのファスナーアクセサリーを携帯につけて日々愛でていた。 
 そのうち、肝心の個包装が破れてしまった。

 

 うなぎパイ
 袋無ければ
 ピーナッツ           tsunotsuki詠む

 ※しおれた(しなびた)ピーナッツが正しいかも。


 仕方ないので、なんとなく、前回の飛騨旅行でこれまた一目惚れして買った「ひだっち」に東海つながりでつけてみた。それくらい、好きだ。
(つれあいから、「ひだっち、脳みそが出ているよ」と即座に不名誉な称号が...)
  
 そんな裸のうなぎパイをぶらんぶらんさせているのがtsunotsukiの代理、ひだっち(画像の右端、っでろーんとしたもの注目)。


 さて、工場見学自体は企業秘密の部分が多く、基本的には「焼き」と「検品」&「包装」工程のみの見学となる。
 「手延べ」等の手作りを謳う工程はビデオによる説明であった。
 
 それでも、今回の最大の発見は、

 うなぎパイは手延べの後、指くらいの太さから横にじわじわと焼くにつれて広がり、5分後にあの平べったい形になるということ。
 10分後には秘伝のニンニク入りタレが自動的に刷毛で塗られてあの照りが完成する。
 
 踊り出しそうなるくらい、照りを増す様子はおいしそうだった。
 

 社史を記した年表によれば、春華堂は1887(明治20)年に甘納豆の販売から始まったことを知る。
 現在販売中の4種類のうち、1969年の東名高速開通を記念して「うなぎパイ(ナッツ入り)」タイプが登場。
 秘伝のうまみ成分であるうなぎの骨は「頭」部分も入れて水で煮出しているとのこと。
 
 
 さらに、「うなぎパイ」ミニ(よくJR東海のKIOSKで売っている、袋入りの小さいの)は10本入りの簡易包装のみを製造。
 家庭用に箱代がかからないとして「お求めやすく」しているそうだが、箱入りにくらべ割れやすいのは当然、包装時も変わらない。
 そのため、これは手作業で袋詰めしていた!
 ちょうど見学できたが、まさに職人技の検品・袋詰め作業であった。

 などなど、うなぎパイに対し普通程度の情熱の人にはまったくもってどうでもよいであろうトリビアに心躍るtsunotsukiであった。

 最後の、一人一人もらえてしまう、「工場見学記念お土産」にノックアウトされてホテルへの旅路につくことに。
(せっかくなのでネタバレはせずにおく)
 
  
 本当は「うなぎパイ徳用袋」(せんべいによくある、工程ではじかれた「壊れ」詰め合わせ@840円)があるそうだが、今日は忙しくて(?)午前中で売り切れ、との説明に悶絶していたの見学者がいたら、それはtsunotsuki。
 

【tsunotsukiのつぶやき】
 最近のバター、砂糖、小麦粉等原材料や包装材の高騰(ほとんど全部!)により6月に商品値上げ済み。
 それで桜えびパイ(正式名称は「えび汐パイ」。なんと、甘い&しょっぱいの両方あった。※味の感想は控えることに)が製造中止となっていたのは新聞で知っていたが、新たに「ふぐパイ」がひっそりとファクトリーの土産物屋で売られていたのは見逃さなかった。
 HPに載せていないのは、試験的製造?
 

 ...やはり買えば良かったかな、と考えていたら、翌日、つれあいが職場のお土産だよ~、と「しじみパイ」なるものを持って帰ってくれた。
 パイならなんでも...よくない!
(ちなみに、あまりしじみの味はしなかった。がやはりパイ生地が荒い、ので舌触りというか口当たりはイマイチ。うなぎパイに軍配!!)
 とくに、VSOPとの食べ比べをした私が馬鹿だった。

 
 見学時間は16:50まで(ちゃんとアナウンス時点でメモし、降車時も戻った際の時刻ボードも確認したから間違いない!)だったので、工場看板写真を撮ったりウキウキしつつ、なんだか皆戻っているからと焦ってバスに戻ってみたら、16:42なのにすでに全員着席していた orz 
 ちょっと悲しかった。
 I shall return!!
 

 宿泊先へ移動

 【宿泊先:浜名湖ロイヤルホテル(雄踏温泉)】
 「1名様1室割増料金なしでご案内 ☆お部屋は広々36㎡でゆったりおくつろぎ!」は圧巻。
 でも、禁煙室ではないので減点1。
⇒ 続きを読む

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

// HOME //