tsunotsukiの珍妙かつ物欲な日常を、モブログを通して少しでも残そう!という壮大なプロジェクトです。
Profile

tsunotsuki

Author:tsunotsuki
管理人:tsunotsuki@tokyoです。
名前の由来:うさぎっぷりが、角付大福そっくり、と勝手に命名されていまやニックネームに。。。

このブログについて:
あくせく生きる毎日の中の、ふとした「おや?」を書きつづっています。
兎と猫とスタバをこよなく愛する、tsunotsukiのブログです。

※Firefoxでは若干、表示が崩れます。

Recent Bloggings
Categories
Monthly Archive
Search within this BLOG

Be my new mom/dad!

Objective of my 【楽天な物欲】

tsunotsukiのうさぎコレクション新入部員  

Links
Comments
Trackbacks
Footprints

無料カウンター中古バイク

Blogged since

Sep,20,2005

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20061031170816
「@パラオ」写メールのラスト1枚は滞在先、パラオロイヤルリゾート正面口。うーん、青い空!
たいていは車寄せまで入るので近くでこうじっくりは見られませんが……。

それにしても、リゾート開発にはあまり賛成でないtsunotsuki、こんなこともなければパラオにくることは一生なかっただろうな~としみじみ思います。

リゾート開発&輸入製品が多い島国として、今後はどう廃棄物の増加と向き合ってゆくのかが課題となりそう。
現在は素掘りに無分別にただダンプして(埋め立てとは言い難い)いるので、環境対策やリサイクル・システムの確立=しくみづくりが求められるところでしょうか。

※今のところ、焼却処理を施していないこともあり、周辺地下水汚染は生じていないとJICA調査員が語っているそう暇な時に裏を取らねば~。
スポンサーサイト

テーマ:パラオ@ミクロネシア - ジャンル:旅行

20061030130142
今回のパラオ旅行最大の目的、これにて完了!
見つかって本当~によかった。
お手伝いいただいたベラウツアー、RITCのガイドさん皆様にひたすら感謝感謝。

テーマ:パラオ@ミクロネシア - ジャンル:旅行

20061029121010
パラオパシフィックリゾート※ 敷地内にて。
射撃跡が壁に残る旧日本軍の変電所、とガイドさんの説明あり。
※東急系列のホテルで、パラオのリゾート開発の先駆け。
ふとテレビ欄を見たら今晩、「田舎に泊まろう」でパラオに芸人が行くらしい...

テーマ:パラオ@ミクロネシア - ジャンル:旅行

20061028224616
タワーオブテラー、今回も乗れず~。170分待ちって……「ファストパス」の存在意義を知る。

なぜか本日、職場の親睦会でまた訪れたTDR@5周年。

初めて花火&閉園時間までいた!!
しかも出口近くのお土産屋さんは22時間以降も客で混雑して閉められないのを初めて知った!Disneyファン恐るべし

テーマ:外出先から - ジャンル:モブログ

20061027223337
 
 ↑↑↑
この赤い猿を押すと扉が自動的に開く@沌

タロタピ!
(語源は10/25のblog参照)

今晩、友人とタイ料理屋にゆき、「幸せ~」が自然に口をつくほど美味しいものをたらふく食べました!!

しかも、タロタピ再び!
が、魅力的なデザートを前にがつがつしてしまい、写真を取り忘れました……。
幸せが炸裂したデザートたち…
1位:タロイモのケーキ!
2位:ココナッツアイス!
3位:謎のココナッツ餅!!
4位:タピオカ!
5位:紫芋アイス!

註:えー、いずれも半分こですが、「たらふく」でお察しください。

キンモクセイのお茶も香りがやわらかく、やさしい気持ちになりました。

タロイモケーキを食べにもう一度行きたいなー。温かくて素朴な甘さtsunotsukiの味覚にどんぴしゃりでした。

テーマ:アジアンエスニック - ジャンル:グルメ

20061027094216
これがパラオ名物「マングローブ蟹」!
……食べなかったけれど。

お店で隣のテーブルのカップルがあまりに食べにくそ~うに食べ残している殻の山を見、断念。
それで焼きロブスターにくら替えした次第(値段が重さ換算で一緒なので半額)。

……それにしても茹でる前はどす黒ならぬ「どす青い(?)」~。
ロブスターもだけど、見慣れない青さには負けた…。

※昨日は文字どおり終日、国会図書館。切り口で探していたとはいえ、
「厚生サロン」
「現代農業」
「日経ヘルス21」
「法律文化」
「遠近」
「道行セ」
「examiner」
「月刊浄化槽」・・脈絡なくギョーカイ誌を漁る謎の利用者として目をつけられてないか、ちょっと心配になったtsunotsuki。

テーマ:パラオ@ミクロネシア - ジャンル:旅行

20061025234937
タロタピ…今回最も食事で楽しかった&味覚として自分に合ってたかも。

タロイモ、タピオカイモを常食とするので、このように蒸した半製品で売っているのを発見っ!
(芋好きのtsunotsukiは)ちょっとほしかったっす。

※今日は職場でがっくりくることがあった。情けない……orz

テーマ:パラオ@ミクロネシア - ジャンル:旅行

20061023141538

……「ちょこなん」と座る姿が何かに似てるなーと朝から思ったら。
合ってる?
(カリスマ性を高めるため若干キラキラさせてみました)

それにしても今日は風が冷たい。
猫はちゃんと室内に避難させてもらえているだろうか。
20061023093404
週末、友人が来訪。
和風うさぎシールをいただきました!
長年、「うさぎ好き」を標榜していると、皆さんうさぎグッズを見るとtsunotsukiをを思い出してくださるようで(^^ゞ

テーマ:これ欲しい! - ジャンル:モブログ

20061021171537
地魚のソテーやらカンクン(手前の空心菜もどき)炒めも素朴&薄味で美味しかった!そこにガーリックライスが助演男優賞もので。

左上のニクイ奴はご存じ、ココナッツ……。

直前にtsunotsuki母がココナッツミルクが飲みたいと突然言い出し、ガイドさんに教えてもらい「矢野スーパーマーケット」へ。

レジで快くスパスパと飲み口を切ってくれ、ストローまでつけてもらいました。

……そしてこのあとレストランで半分に割ってもらい、中身をすくって食べましたとも!「お好みでどうぞ」と砂糖壷までサービスで出してもらいました~!

テーマ:パラオ@ミクロネシア - ジャンル:旅行

20061020202835
この日の昼食は、地元通オススメの市内ホテル内レストランへ。

ビジネスクラスで悠々だったtsunotsuki母が、行きに隣り合わせたパイロットのイチ押し店。
(パラオやグアム航路担当。今回はプライベートで移動中)
いわく、パラオの地魚を食べたいならココ!とか。

でも実はセットのガーリックライスが絶品だった!!魚料理との相性もぴったり。みょーにうまい!とはこのこと。

テーマ:パラオ@ミクロネシア - ジャンル:旅行

20061019200551
午前の観光を終え、今回のメインイベントも終え、ランチビール。
パラオ産地ビール、アンバーもちゃんと飲み比べてきました。

最近、ハーフ&ハーフが好きになってきたtsunotsukiでした~。黒ビールだときつすぎるかな。4種類のうち3種類を制覇!

テーマ:パラオ@ミクロネシア - ジャンル:旅行

20061019133053

コロール半日観光の続き。私財を投じたエプソン博物館は一階展示、二階が土産に加え、地下にカヌー展示を作成中でした。
→展示作成中も降りられたので覗いてみたら……卵、直に喰われとりますがな……。リアリティありすぎ?

テーマ:パラオ@ミクロネシア - ジャンル:旅行

20061017140445
実はこれ、ホテルの部屋風呂からみたプライベートビーチの眺め。贅沢~。

が、結局堪能せずに終わってしまったー(湯舟につからず)。
でも浴槽に沈んだら景色は見えないから勿体ない~。

実は滞在中、パラオ市内は停電真っ最中。
滞在先はマラカル島といってパラオの中心市街地の位置するコロール島のお隣。

したがって停電の影響もなく、快適なリゾートライフを過ごせました。

コロール島の夜は21時を境に電気の供給が入れ代わるので、街中は不便を強いられていたようです。

空港からの道なり、ずいぶん真っ暗だなーと思ったら停電だったわけでした。

真っ暗な中から犬が自由自在に飛び出してくるのがパラオ流。

テーマ:パラオ@ミクロネシア - ジャンル:旅行

20061016234353
水族館シリーズラストは「しゃこ貝」!

ダイバー出身のガイドさんいわく、しゃこ貝は沖縄でもいまや夏季は禁漁だとか。
ただパラオではまだいつでも捕れる&食べられるとのこと。
……最終日にホテル内レストランで何事も経験とばかりに注文して食べたのですが、コメントは差し控えさせていただきたいと思います(三者とも食べて「……。」なのでお察し下さい)。

テーマ:パラオ@ミクロネシア - ジャンル:旅行

20061016233357
柔らかなフレンチバニラ色のくらげ!
これまたフニャフニャ具合が触ってみたくなる!

パラオには「ジェリーフィッシュレイク(=くらげ湖)」というスポットがあり、そこに棲息するくらげは外敵がいないためにしだいに退化し、刺されても無毒になっています。

くらげと戯れたい人は断然ココ!だそうですが、遠慮しました。

ジェリーフィッシュレイクツアー

でもしばらくtsunotsukiの携帯待受画面はこの画像でしたよー。

テーマ:パラオ@ミクロネシア - ジャンル:旅行

20061016095255
※無事、上海出張より帰国しましたtsunotsukiです。おいおいそちらの珍道中もアップしたいと思います。

さて、パラオ編の続きです。
これは一体!?
「ふさふさ」または「もふもふ」がぴったりな見た目をもつ、水生生物を発見!

水の中でゆらゆらと「毛並み」がたゆたうので触りたくてたまりませんでした。実際は水に濡れているので....

テーマ:パラオ@ミクロネシア - ジャンル:旅行

20061011134558
成田空港に向かう車中でこっそりBENTO。

四日市に行く「クセ」でまたいつもの天むすを買ってしまった……。

開けたらピカピカの五円玉!ご縁、かー。

プチ元気をもらい、上海出張に行ってきまーす。

テーマ:旅じたく - ジャンル:旅行

20061011104541
〔水族館からも海を臨む〕

パラオ滞在もいよいよ3日目!
昨日は
「二度寝」→「翌日午後の”種蒔き”」→「夕飯を求め三千里」→「停電の街をさ迷う」→「ホテルのシーサイドバーに落ち着き、乾杯」
で暮れた一日でした。結構充実!

さて、本日は半日市内観光。
日本からのツアー申し込みだと無料オプショナルプラン扱いとなるため、お得。→今まで参加したツアー系海外の中で最も「押し付けがましくない無料オプショナルプラン」!(断言)

もしパラオに初めて行くなら追加必須です。
→というのはパラオには公共交通機関がないため、だいたい半日で主要なスポットと大通りの位置関係が分かるこのオプショナルプランは秀逸。

このあとのDFSで1番高価な品がスゥオッチの時計だ~、とブランド嫌いのつれは一気に親近感をもった様子。

水族館からも海を臨む。
なかなか絵になる場所が多い!
パラオに癒されました。

テーマ:パラオ@ミクロネシア - ジャンル:旅行

20061010233749
最近ちょっと気になる、アカぱっくん。


よぼよぼtsunotsuki@残業帰り。混んでいるのに電車で座れた。ささやかな幸せ噛み締め中。

明日から上海出張なのに、別の仕事が終わらず今までかかってしまった。
(それでも居残りは最後の一人ではないという恐ろしさ。うちの職場もかなりハードになってしまったものよ)

まだ荷造りもなんもしてないや……。

※なので明日からしばらくモブログもお休み。上海ネタを仕入れる暇があるかどうか。パラオ編もまだ続いてるし。

テーマ:つぶやき - ジャンル:モブログ

20061009153040
ちなみにパラオ滞在2日目の夕飯はこの「どらごん亭」にて。

日本人オーナーの店ということもあり、店員も日本語カタコト+αはOKです。

ただ、日本統治下のなごりで「ダイジョーブ」が現地語にもなっているので要注意!?
どらごん亭に限らず、レストランではなにかと乱発されます。

凡例:
「オイシイ!ダイジョーブ!」(メニューからのお勧めを聞いたとき)

「オイシイ?ダイジョーブ?」(皿を下げにきたとき。お口にあいましたか?とでも脳内変換しておけば○)

テーマ:パラオ@ミクロネシア - ジャンル:旅行

20061008183246
一昨日の風雨がしゃれになってなかったですね。

東京都心部も、強風で同僚の洒落た、やや細身の骨の傘が見事に曲がってました!100メートルも往復で使ってないのに。

昨日、表参道を歩いていたら折れた安ビニール傘がまさに死屍累々といった感じで道端に山と積み上がってました。

ぎんなんも多数、落下してました。
→ルーレットに球がたくさん納まっているようにみえた光景をつい写メール。
...素手で拾っている人が...南無

テーマ:自分の溢れ出る思想。 - ジャンル:モブログ

20061008174924
最近、めっきり酒に弱くなったtsunotsukiは地ビール1杯で打ち止め。
せつかくなので異国情緒を味わうべくパラオレモネードを注文。

沖縄のシークワサー(ヒラミレモン)に限りなく近いけど、なにかが違う酸っぱさ控えめのレモン。
現地料理には添えられて出てくるけど、レモンのようなきつい酸味はなく、ある意味まろやか。
健康のために酢を飲み慣れている人には物足りないかも。

※食べ尽くしたロブスターも表に返して、雰囲気を出してみたり。

テーマ:パラオ@ミクロネシア - ジャンル:旅行

20061007153332
昨日アップした、タロイモの薄切り揚げ=チップスも頼んでみました。
→ビールのつまみにするにはやや厚切りな気が。

でも単に塩味を利かせただけですが、これはうみゃー(なんとなく名古屋人)!!

……ふと、幼少時、アメリカの大学図書館で読んだ絵本を思い出す。
ハワイ統治を、アメリカ側の視点から描いた、今ならまじめに発禁になりそうな人種差別が底流に流れていた絵本。(タロイモしか食べない民族が、肉を食う民族に勝てるわけない→ってすごい強烈な印象が)

……でも幼少tsunotsukiはそこに描かれていたハワイの先住民の主食、「タロイモ」をいつか食べたいと心に決めたのであった。

テーマ:パラオ@ミクロネシア - ジャンル:旅行

20061006234201
これまでの流れでつい、標題の語呂合わせ(駄洒落)を考えてしまった……。

【左】「ワス」は魚のあら汁を煮詰めてつくるペーストで、蒸したタロイモやタピオカイモにつけて食べるようです。

→なんというか、懐かしい味!魚を食べる日本人には違和感のない、素朴な味です。

【中】黄色いタピオカイモは初めて¨芋¨として食べる体験をしました!
(タピオカミルクティーに入ってるタピオカパールは大好き~)

【右】タロイモは見た目が巨大里芋、だけど里芋より大味でねっとり感が控えめ。




今宵は久しぶりに楽しく同僚と飲み会でした
「ちょっと飲み会」のはずがいつの間にか4時間!

来週の海外出張を一日勘違いしていて、そこから派生する調整事項にてんてこ舞いの一日でした(落ち込んだし。午後のtsunotsukiはまさに茫然自失でした)。

今宵は思い切ってすかっと飲みに行って色々な意味でよかった!


テーマ:パラオ@ミクロネシア - ジャンル:旅行

20061005224833
はっ、しまった、雄鶏Tシャツをついかわいくてアップしてしまった。
がっくり@自業自得
orz

渾身?の標題の語呂合わせが……今回のハマグリもどきで8枚目のはずが……。

さておき、画像はパラオ「地産地消」外食の続きで、 マングローブ貝 の酒蒸し

→貝殻は見た目、ハマグリより少し小さいくらい。

→なんと身が、ラグビーボールのようにぽんぽこなのです

二枚貝は平たい、というジョーシキがひっくり返る体験!

味はちょっと潮風味が強いけど、昔の日本人も酒蒸しにしてみたのかなーと想いを馳せる。

でも民間人の祖父母が赴任した頃は戦争末期でだったので、日本酒なんて超貴重品かな。


テーマ:パラオ@ミクロネシア - ジャンル:旅行

20061004203537
火を噴く雄鶏があまりにかわいいので、Tシャツを買ってしまった。

※ちょっとわかりにくいのですが「えんじ」色です。

徹夜あけのtsunotsuki、今から帰宅です……自宅作業がまだてんこもりです(:_;)

テーマ:パラオ@ミクロネシア - ジャンル:旅行

20061004163646
昔は旅行先の「水」と「牛乳」(アイスクリーム含む)を必ず試してくるのが趣味だったのですが。

今ではすっかり「地ビール」ばかり……(遠い目)。

あ、珍しいお菓子(土産)チェックは相変わらずですが。

パラオでは1998年にこのレッド・ルースター印(赤い雄鶏)の地ビールを出したらしい。ホテルのバーでも居酒屋でもコンビニでも飲めます。

ライト、アンバー、ダーク、マンゴーウィート!?の4種類がありました。
→ライトは飲みやすい、ピルスナータイプ。
→琥珀色=アンバーは少しくせがあるけど悪くない。

→マンゴーウィート、なんか酸っぱい....

テーマ:パラオ@ミクロネシア - ジャンル:旅行

20061003144223

ロブスター約1ポンド(=$23)。

パン粉とニンニクをまぶし香ばしく調理して出てきたので二人で舌鼓をうつ。

焼く前に、(ポンド売りだったので)1ポンドってどれくらい、と聞いたら生きたロブスターをテーブルまで持参。
(さすがに爪は結わいてある)

→青い!!

パラオ紹介画像6枚目はタベタモノ紹介~でした。

テーマ:パラオ@ミクロネシア - ジャンル:旅行

20061002205129
→偏り修正中「おっとっと」の猫

どっちが閑話休題かわかりませんが、宮城県出張から戻ったものの、復命書やら精算に追われるなか、職場はつぎの海外出張準備が本格化orz

出張土産の「萩の月」を配り歩いたtsunotsukiでした。1個余ってもらえたのでよしとする。

また地道にパラオを語りたいと思います!

テーマ:パラオ@ミクロネシア - ジャンル:旅行

// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。