tsunotsukiの珍妙かつ物欲な日常を、モブログを通して少しでも残そう!という壮大なプロジェクトです。
Profile

tsunotsuki

Author:tsunotsuki
管理人:tsunotsuki@tokyoです。
名前の由来:うさぎっぷりが、角付大福そっくり、と勝手に命名されていまやニックネームに。。。

このブログについて:
あくせく生きる毎日の中の、ふとした「おや?」を書きつづっています。
兎と猫とスタバをこよなく愛する、tsunotsukiのブログです。

※Firefoxでは若干、表示が崩れます。

Recent Bloggings
Categories
Monthly Archive
Search within this BLOG

Be my new mom/dad!

Objective of my 【楽天な物欲】

tsunotsukiのうさぎコレクション新入部員  

Links
Comments
Trackbacks
Footprints

無料カウンター中古バイク

Blogged since

Sep,20,2005

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20060930221325
CMに限らず、着々と現実でもころもがえ中~。
ホテルの部屋より、窓の外を見ると看板がちょうど付け替え中で小さな作業員が行ったり来たり忙しそうに働いていました(ちょっと画像だと見づらいかもしれません)。

明日「10月1日より、ボーダフォンはブランド名をソフトバンクに変更します」ですなー。


ちなみに、今回も現地スタバ大活用→仙台エスパル店には2泊3日で4回。
4回目には「いつもありがとうございます」だって...
スポンサーサイト

テーマ:vodafoneはSoftBankへ - ジャンル:携帯電話・PHS

20060930201237
おそらく「かほピョン」が宮城県下を席巻していた(推定)だろうが、新たな宿敵!?登場の予感。

ずばり、Suicaペンギンである。
→品川「駅ナカ」ばりに、駅ビル・駅ナカ・駅地下街からJR系列ホテルメトロポリタン仙台まで、どこでも使える!

……仙台市内を出ても、改札で使える!まさか松島までSuicaのままで行けるとは


(画像)ファミリーマートでは景品(画像=メモ帳)まで!!

テーマ:みちのく仙台 - ジャンル:地域情報

20060930162209

国重要文化財「五大堂」
(1604年改築)

最寄駅JR松島海岸駅から最初の名所。人多し。

お堂を見上げると、ぐるりと軒下に干支が精巧に彫られている。

tsunotsuki内蔵のうさぎセンサーが感知したのか、見上げた位置がうさぎ。
※残念ながらtsunotsukiはうさぎが干支ではない…。

福浦島、奥の展望台まで行きたかったものの、左小指以外すべて靴ずれ警報のため「勇気ある撤退」。

次回はつれと、牡蠣のおいしい時期に足元スニーカーで来ようっと。

○デートでくるカップルに忠告○
福浦島は坂道が急なうえ、途中から遊歩道になるとコンクリから「ふこふこ」した道になります。ヒール靴は多分めり込みますよー。

→足にやさしい「ふこふこ」の正体はウッドチップと判明。間伐材の有効活用?

テーマ:ちょい旅 - ジャンル:旅行

20060930155010
ジャパニーズ集合写真(観光名所専属カメラマン&セット)
ということに気付いた。

秋晴れ&磯風が気持ちよいです。

tsunotsukiも記念に写り込んでみました





テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

20060930145150
松島や ああ松島や 松島や

……って携帯ばりばり通じるやんけ。

tsunotsuki念願の福浦橋、通行料として200円とられるとは。

数年前、体調を崩したGWに完成させた1000ピースのジグソーパズルが福浦橋@松島や~。なので一度訪れてみたかった地。

……観光地化しすぎ!!!(パラオのあとだからなおさら)芭蕉の頃に来たかった...

でも有料だから渡る人数も制限され、島はわりと静か。
松の木に囲まれ、波の打ち寄せる音になごむ。

tsunotsuki@福浦島
(よく松島の写真になる福浦橋を渡ってゆく島)



テーマ:外出先から - ジャンル:モブログ

20060930140433

200609301404332

200609301404334

宮城県出張の行程を無事終え、昨夜は大好きな推理小説を読みながらそのまま夢の世界へ。
(出張の醍醐味。でも四日市出張はばたんきゅーOR悪酔いで読めたためしない)。

前の晩に読んでいた乃南アサのエッセィ、ラスト数ページ読了。

コチラ(ゆるゆると夜読むにはちょうどよい長さです)
 ↓
女のとなり


で、肝心の推理小説は10ページ読み進まぬうちに力つきる……。

●仙台の思ひ出●
○1日目:仙台駅地下街で昼食。
「アフタヌーンティー」で季節の新商品かぼちゃパン&オレンジアイスティー。(好きな色で選んでみました)

パン*3個の値段で紅茶。→tsunotsukiは知っていたが、知らなかった同僚は頼んでからびっくり。

しかも、急いでいるのに彼女のポットティーがなかなか出てこない。
→「ただいま茶葉を蒸らしていますので」

orz

○1日目:裏返しの「かほピョン」@交通安全週間

○2日目:いわゆる「neoクレープ」
→値段の高いクレープと違うかは定かではないが、東京進出は来月らしい。
→せっかくなので、一日15食限定、ずんだ餡*白玉*きなこトッピング。

わりと生クリームは上質かな?




テーマ:みちのく仙台 - ジャンル:地域情報

20060929165347
いま宮城県出張、終わりました!久大豊肥線ではないですが、今仙台に戻ってきたところです。

記念に、こちらの地元新聞である河北新報社マスコット「かほピョン

……グッズ買っちゃった。(くる前から目をつけてました)

テーマ:みちのく仙台 - ジャンル:地域情報

20060928214332
暮れなずむパラオはマラカル島。これまた絶景かな。

空港がある島はほとんど居住者はなく、(ガイドいわく)「東京の六本木と名古屋の栄」をあわせたコロール島本島が群島の中心を成すとのこと。

日本人が多数移り住み、占領中の最盛期には4万人まで人口が増えたパラオも今は2万人弱。

今回滞在した、パラオロイヤルリゾートホテルは中心のコロール島から、日本のODAで整備している橋を渡るマラカル島にあります。

tsunotsuki@宮城県出張。いま仙台駅前をさ迷い中……。



テーマ:パラオ@ミクロネシア - ジャンル:旅行

20060927174731
↑ ↑ ↑
天国のような風景その2。


近畿日本ツーリストから申し込んだら部屋もランクが「上」だったらしく、最上階6階。眺めがすばらしい!

……右手前にあった、フィリピンからの出稼ぎホテルスタッフ休憩所もよおく見えましたとも。


こちらはただいまtsunotsukiケータイの壁紙になっています。うーん、また行きたいかも。

ホリデイ リゾートライフ パラオステイ 5日間
(おお、よく読んだらデラックス=5階以上だった)



明日から宮城県出張のため、その準備に追われつつも、午前中の健康診断のバリウム&下剤に七転八倒中のtsunotsukiでした……。
(モブログ1周年ということはこの時期なのね……去年の悲劇は起きませんでしたが)

テーマ:パラオ@ミクロネシア - ジャンル:旅行

20060926122126
完徹明けとトランジット疲れにもかかわらず、「ウェルカムドリンク無料券」に惹かれ、ヘロヘロとつれとホテル併設バーへ。

なまじ英語ができるウサギであったが最後、フィリピンからの出稼ぎバーテンダーの身の上話を聞く&つれに通訳する羽目に。
バーテンとしてここに4ヵ月前にくるまではどこそこで厳しい経験を積んだ、家族を残して2年間は帰れない、パラオの地ビール「レッドルースター」はフィリピンの「サンミゲル」の親戚等々。本当か?

ばたんきゅーで就寝。

朝起床し、窓を開けると眼下はまさにリゾートな景色!

そして二度寝
絶景を前に睡魔に負けた...

テーマ:パラオ@ミクロネシア - ジャンル:旅行

20060925224038
泊まったのはこちら。

「パラオロイヤルリゾート」

ホテルニッコー系列でありながら台湾資本という、昨年オープンしたてのリゾートホテル。
HP、日本語がリンク切れなのはイタタですが。

滞在客は日本人と台湾系がほとんど。

リゾート開発反対なのに、初リゾートに負けたtsunotsuki@残業帰りでした~。

テーマ:パラオ@ミクロネシア - ジャンル:旅行

20060925004830

日本とグアムの時差は+1時間。
でもパラオはグアムより▲1時間、ゆえに日本との時差は±0。

グアム乗り換えを経て、フライトが一時間半。
パラオに着く頃はすでにとっぷりと夜

パラオ空港には現地係員(日本人)が迎えにきていて、
①すでに滞在先ホテルにチェックイン済み、
(とカギを渡される!チェックインの書類を書かなくてよいなんて)

②帰りの航空機チケットのリコンファームもやります、
(とチケットクーポンを預ける形に)

なななんと便利な!
 ...語学が出来なくても海外に楽々行けてしまうとは。
  ...さすがリゾート。
   ......さすが近ツリ(近畿日本ツーリストを今回は利用)。

初リゾートは驚きの連続。

9ヵ月ぶりの休日のはじまり、はじまり~。

ホテルのある島まで車30分で移動。
道の舗装が未整備で凸凹が多い。
(これがあとあと効いてくることに……以下次号)

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

USATAKUですよ。

 まだ夏休み「パラオ編」が終わっていないのに秋の訪れ

 むだに月齢を教えてくれる、ウサギ男の月齢カレンダープラグインを左側につけてみました。
 こんなの。

(左側プラグインはフラッシュ対応で実際に月齢を刻みます)

 ブログパーツをほしいひとはここから→

 ちなみに、USATAKU@FMVのページではウサタクと遊べる仕掛け付きです。
 お暇ならお勧めです。
 うさぎのくせにギターをクリックすると睨んだり、腐ったみかんがころり、などの細かい仕掛けに思わずクスリ(微笑)。

 キムタクにはとんと興味ないが、ウサタクにはすっかりやられたtsunotsuki@休日出勤でした~。いかんいかん、仕事に戻らねば。

テーマ:★★おすすめ♪★★ - ジャンル:ブログ

20060923213929
待ち時間の長~いグアム乗り換えですが、やはり厳戒体制下にあることにはかわりなし。

9.11テロの影響(=ちょうどこの日が5年+2日目だったこと)もあり、アメリカ領グアムは出入国いずれも厳しいのなんの。

乗り継ぎの金属探知器では全員、靴も脱いで検査機を通す厳戒体制だったり。

しかも、tsunotsukiとつれは入国にさいし、両ひとさし指の指紋&顔写真をとられました。
(※わが家のウェブカメラと同じカメラ!)

トランジット客は指紋捺印不要のはずなのに~。
なぜかtsunotsuki母はやらなくて済む。
ビジネスクラスだからか!?

ようやく出国エリアに入ったので一息つくことに。

カフェテリア形式の軽食コーナーで「シアトルズベスト」を発見。

(-_-){……。
温かい飲みものを飲めただけ、ましか。


テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

20060921163320
グアム空港の玄関を出てすぐの「目撃」。

容赦なく降り注ぐ、強~い陽射しに一同たじたじ。

ふと、左側を見るとこんな看板が。

→「ケーブ(=cave、洞穴、洞窟)」ってカタカナだと一瞬なんだかわからないよ~。

終戦後もジャングルの洞窟に隠れていた旧日本兵の横井さんですか!?
もはや商業施設?
こうなるとちょっと行ってみたい気も。

(余談)
しかし、帰国するなり鼻水たれれ兎になってしまった。パラオの空気が良かったからか、はたまたブタクサ花粉(症)のシーズンか!?


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

20060920184533
今日もよれよれなtsunotsukiです。今頃旅の疲れか?→今抱えている仕事のせいが正解かも。

MSワードが謎の暴走を起こし、強制終了をPCが勝手に繰り返す事態に。

今日の作業データ、き、消えたぁああ(涙)
一時間かけても復旧せず。んで仕方なく帰宅してから残業の予定。うう。

ぐったり。

さて、気付けばこのblogも早一周年!
ここはひとつ、記念画像と思いましたが、上記突発事項でうちひしがれているので

ぶ あ い そ ね こ
(仏頂面)

では夕飯食べたら仕事、がんばりますかー。




テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

20060919214902
パラオ直行便はとれなかったけど、
そうでもしなければ一生降りないであろうグアムに降り立つ。

空が青い!
空港近くは都市化が進んだせいか、海はわりと普通な感じ。
(パラオと比べる前から)

そういえば、四半世紀前、アラスカに給油で降り立つったけな。
あれはアメリカ西海岸行きだった~今では当然直行便ですが。

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

20060919205722
やや本降りの雨の中を出国(降雨の離陸はちょっと怖いかも。。)。

直行便はとれず、グアム乗り換えありのコンチネンタル航空を利用。

このプランがまさかの乗り換え地獄の始まりになろうとは、まだ誰も知らなかった……以下次号(笑)。

①tsunotsuki母
(パラオに縁のある兎)
②tsunotsuki
(主人公の兎)
③tsunotsukiつれ

 の珍道中と相成りました。
 
 前日、仕事で完徹の②&③は飛行機で爆睡。

テーマ:旅行日記 - ジャンル:旅行

20060918231858
成田空港出国手続き後の館内売店にて。

「白い恋人」@北海道土産がこれでもか!と山積み。
なんと、「白い恋人」、いまや海外土産として赤丸急上昇中!

ご丁寧に新聞記事のラミネート版の説明も添えられていました。
→「あまりの人気で海外では偽物横行中」と。

(" ̄д ̄){まじで~

※モブログですが、【パラオ編】がたまったら、別室にするかもしれません。

それでは、しらばく、じゃなかったしばらく、tsunotsukiの因幡の白兎への道のりをお楽しみいただければと思います。

テーマ:お土産 - ジャンル:旅行

20060917202631
成田空港マスコット「クウタン」。
ま、まさか空港担当=くうたん…!?

……珍妙な「訳あり」でパラオ、行ってきましたtsunotsukiです。

えー先のblogで書いたとおり、ミクロネシアの陽射しに完敗し「因幡の白兎」状態です。

両ひざ裏と両肩一帯がびりびりと痛くて}(T∽T)

テーマ:旅じたく - ジャンル:旅行

20060917094350


因幡の白兎になって今、ようやく帰国……(オプションとして白犬も)。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

20060913090933
に出発します……。
せいぜい親孝行してきます。


テーマ:旅行の計画 - ジャンル:旅行

20060912235524
の存在は知っていますか?

創業35周年を迎えた「メガネドラッグ」はただいま大創業祭を開催中!

携帯メールで会員登録した人にもれなくサクマドロップス桃味オンリー!!
ついでに、なぜかたち吉の絵皿ももらった...(下の箱)

※来年は違う絵柄になるので限定品とのこと。


テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

20060912181823
雨ですね。

雨の日だとランチ全品100円引きのお店かあるのですが、
(画像→その店のパニーニ風ランチ)

100円引きの事実はお店の外のメニューにはなく、レジ脇で初めて知るしくみになっています。

……(単にお得と言うよりも)案外、小さな幸せ



テーマ:♪おすすめ♪ - ジャンル:グルメ

20060911093006
江戸川区役所の洗面所にて。
これは、ドメスティックバイオレンス(DV)に悩む被害女性用の、小さな相談先カードです。担当窓口まで人目を気にして行かれない、又は相手から監視され行かれない例に積極対応したもの。

tsunotsukiはただいま都内区役所めぐりに近いことをしていますが、他では「目撃」せず。

ちなみに、カナダではさらに徹底しています。
たとえば、カードだと発見されやすいため、化粧ポーチに入る口紅の空ケースを用いる方法です。
中にカードを巻いて入れる、この取り組みも7年前には行われていました。
記憶は定かではないのですが、協賛企業から空ケースをもらい受ける、確かNPOとの官民協働であったような。


ところで、昨日、出がけに地下鉄に乗ろうとしたら、地上入口手前にレモンが1個、ころり
→これって、何かの物語のはじまり?拾うべきだったかな?

テーマ:DV(ドメスティックバイオレンス) - ジャンル:結婚・家庭生活

20060910115420
この前、「外回り」から戻ると机には(待ちに待った)必須書類と手書きメモ(コレ)。

いや、「手描き」と言うべきか(※固有名詞を寝袋リラックマで隠しております)。

某巨大掲示板風「キターを実際に描いてくれたバイトの子に脱帽。


キターのフラッシュなんてあるのね...(音でます)


20060909230040

抹茶クリーム フラペチーノ(ショート)

200609092300402

Pumpkin Spice Latte (Iced/Hot)



朝一番の仕事を終え、大手町駅乗り継ぎ途中に同僚とスタバ休憩~。

夏の終わりを前に、「抹茶クリーム フラペチーノ」S。

いや~本当に気付くとスタバのフラペチーノメニューから「ショート」サイズ表記がなくなりましたな。
※ちゃんと注文は出来ます。


夏を名残惜しんでいたら、秋の新商品の味見をもらいました!(画像下)
パンプキン スパイス ラテ
4つの秋のスパイス - シナモン、ナツメグ、ジンジャー、クローブ。パンプキンを焼くときにおなじみのこれらのスパイスの風味と、芳醇な味わいのエスプレッソがカップの中で混ざり合う、新しいエスプレッソドリンクです。
各 S:¥380 T:¥430 G:¥480 V:¥530
スタバHPより)


なかなか、味わい深くておいしかったです。ただ、シロップをハーフにしても甘さ控えめでおいしいかも。スパイス多めとか、今度工夫してみようかな。乗り換え30分の幸せでした。

テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

20060907215151
築地本願寺本堂脇の階段で出番待ちのハリボテ象を発見。

マユゲ犬?
U^ェ^U

今朝、地下鉄乗ったら栗毛のエクステンションが一束落ちていた……。
まさか、ラッシュで引きちぎられたとか!?(" ̄д ̄)

テーマ:(((;゚Д゚))))ガクガクブルブル - ジャンル:ブログ

20060906204520

(画像は築地本願寺の階段手すりで出会った鳥※)
築地本願寺にすむ動物たち

無人島に何を持っていこうかなー、という時に第3位が「新品の文庫本」のtsunotsukiです。
新品だと手を洗わずに読み疲れたまま眠りにつけるからです。

近く、似たような南の島にいかざるえなくなったため、久しぶりに買う対象を決めずにぶらり本屋へ。

やっぱり旅行には文庫本だよね~とうろうろ。

まず「赤松民俗学の集大成」なんて銘打った文庫、発見。
さらに限定復刊『東京灰燼記~関東大震火災』なんて発見。

ふだんならあまり読めない(どんぴしゃじゃない分野ゆえ、暇がなくて手にとれない=読まない)けど読んでみたい本を見つけ、ほくほく顔でレジへ。

レジ係:「2800円超なりまーす」
tsunotsuki:「!?」

原因:
値段を見ずに読みたいからと、

(1)ちくま【学芸】文庫→1500円+税
→しかも駄目押しの【外税】~

(2)中公文庫『東京灰燼記~関東大震火災』

→【限定】復刊
→1238円+税

マ、マイナーすぎた!?


非常民の民俗文化―生活民俗と差別昔話 非常民の民俗文化―生活民俗と差別昔話
赤松 啓介 (2006/08)
筑摩書房

この商品の詳細を見る

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

20060906090629

帰りに本屋に立ち寄り、そのままウ゛ィレッジウ゛ァンガードに吸い寄せられる。

いつもここでは展示ポップのコメントが「イカして」いるのを愉しんで(結局お店側の策略にはまり、何かしら買って帰る)。

店頭にはパンダのぬいぐるみが大小たくさん。

★かわいいけど無表情のパンダに、

『ナニコレ、超かわいくない?』

と言われるとやる気がでます」


とのポップが。

★画像の、
(右)仲良し「パンダ」

に対し、

(左)間違えた>牛

思わず吹き出してしまいました。笑いって大事かも。

季節の変わり目に対応出来ずバテバテのtsunotsukiでした。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。